査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

火災保険の種類

保険

火災保険は、建物や家財を対象に、火災・落雷・爆発・破裂・台風などの災害による損害を補償する、損害保険の一つです。
この火災保険ですが、生命保険と同じく掛捨て型と積立型があります。各商品の特徴を簡単に見ておきましょう。

【掛捨て型】
(1) 住宅火災保険
住居用の建物とその建物に収容される家財を対象とした最も基本的な火災保険。火災・落雷・爆発・破裂・消火活動による水漏れによる損害を補償します。

(2) 住宅総合保険
住宅火災保険の補償範囲を広げた火災保険。住宅火災保険の内容に加えて、給排水設備事故による水濡れ、盗難、外部からの物体の落下や衝突・盗難・水災による損害も補償します。個人の日本国内での日常生活における対人・対物事故による損害賠償を補償する「個人賠償責任特約」や借家を消失させた場合に、借家人が家主に対して負う損害賠償責任を補償する「借家人賠償責任担保特約」などをセットにすることができます。

(3) 団地保険
鉄筋コンクリートの団地・マンションの火災保険で、住宅総合保険とほぼ同様の補償内容となります。ただし、水災による損害は保証対象外です。さらに、修理費用、交通傷害、団地構内での傷害、賠償責任の負担による損害も補償の対象となります。

【積立型】
(4) 長期総合保険
住宅総合保険とほぼ同内容の損害を補償する積立保険。3年、5年、10年の3種類の保険期間があり、満期時は保険金額の10%に相当する額が満期返戻金として支払われます。

(5) 積立生活総合保険
住宅総合保険に加えて、日常生活における傷害や賠償損害を包括的に補償する積立型損害保険です。満期時は保険金額の10%に相当する額が満期返戻金として支払われます。

さて、では次回は実際の住宅総合保険契約証を例にとって、もう少し火災保険について詳しく検討してみましょう。

RE-Guide(リガイド)

不動産の売却をご検討中の方はこちら
無料の不動産査定
一棟アパート・一棟マンション・収益物件の売却査定なら | RE-Guide不動産一括査定 RE-Guide収益物件 不動産投資診断チャート
査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済