査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

暮らしを変える!照明選び

インテリア・収納

お部屋は照明次第で雰囲気がガラリと変わります。一つのインテリアとして、また他のインテリアにとっても大変重要な役割を演じているといえるでしょう。 照明を考えることは、安全や健康な生活を送るためといった基本的な目的はもとより、住まいとしての楽しさを演出し、暮らしに花を添えることになります。 効果的な光の演出で、より明るく、快適な暮らしを実現してみましょう。

照明器具の種類と役割

照明には、「主照明」と「補助照明」があります。「主照明」は部屋全体を均一に明るくする役割を持ち、「補助照明」というのは、限られた範囲を照らすものです。 主照明と補助照明にはそれぞれ以下のような種類のものがあります。 住宅設備の会社や照明機器メーカー、インテリア関連の人など、照明のプロの人たちはたいてい下記の名称を使うので、照明を検討する際には知っておくと便利です。

主照明

・ダウンライト
天井に埋め込むタイプのシンプルな器具。
・シーリング
天井面に直接取り付ける比較的薄型の器具。
・シャンデリア
吊り下げ型の電球がいくつもついている装飾系の器具。
・ペンダント
吊り下げ型の総称でチェーンやワイヤを使うタイプが多い。

補助照明

・ブラケット
壁面に取り付ける器具で壁面を明るく照らす。
・スポットライト
天井に取り付け、特定の対象物に光を当てる。
・フットライト
主に安全性のため床近くの壁に埋め込み足元を照らす。
・スタンド
床やベッドの横に置き手元を照らしたり部屋の演出に使用。

蛍光灯、白熱灯、LED

明かりの種類には、蛍光灯、白熱灯、そして新たな光源として注目を浴びているLEDがあります。それぞれの特徴を踏まえて、目的に合わせた上手な照明選びをしたいものです。

蛍光灯

色合いは、やや赤みを帯びた電球色、白くさわやかな昼白色、やや青みがかった昼光色があります。 発熱量は少ないので、電気代は安く収まり電球の寿命も長いので、昨今は環境保護の観点から大変見直されており、蛍光灯が今後の家庭照明の主流となることが考えられます。 ただし、フラットな光を放つため陰影が出来にくく、志向性が少ないため、物を立体的に見せるのには向きません。

白熱灯

白熱灯は蛍光灯に比べて色を忠実に見せてくれます。赤が鮮やかに見えるのも特徴で、食欲を駆り立ててくれます。また、物を立体的に見せたり、食器等を輝かせる効果もあり、陰影がハッキリとして食事が美味しそうに見えるので、ダイニングにはオススメです。 一方で、発熱量は多く、価格自体は安価なものの使用する電気代は高くつき、寿命が短いので、エコな明かりとはいえず、最近は敬遠されがちです。

LED

蛍光灯よりも省エネ性に優れた光源として今注目されているのが、LED=発光ダイオードです。電気代が白熱灯の10分の1にもなり、また寿命が長く発熱が少ない上に、その明かりは志向性があり、陰影を作りやすく物を立体的に見せてくれます。 現在は街を飾るイルミネーションなどに使用されています。現時点では価格は蛍光灯の6倍程度する高価なものですが、価格が落ち着いてくれば、次世代の明かりとして主流になってくるでしょう。

RE-Guide(リガイド)

RE-Guide不動産一括査定 RE-Guide収益物件 不動産投資診断チャート
査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済