査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

オシャレなオフィス家具をお部屋に

インテリア・収納

ヨーロッパ家具を用いたシンプル&モダンな家具は相変わらずの人気ですが、最近、その中に新しい傾向が出てきています。
近頃、家の中でもパソコンを使用することが増えたことから、長時間座っていても疲れない、快適なデスクや椅子などの必要性が高まってきました。そこで、機能性とデザイン性を兼ね備えたオフィス家具を家庭でも使いたいという人が増えてきているのです。

ここ最近では、ワークスペースにもインテリアを気にする傾向が高まるのと同時に、ホームユース、オフィスユースの垣根がなくなってきていることもあり、様々なオフィス家具がホームユース向けとしても提案されています。


例えば、数年前より依然人気が続いている椅子。デザイン面で優れたものはよく見かけますが、見た目だけでなく機能性・快適性をも重視したい場合、どのように選んだらいいか迷う方も多いと思います。
「座る」という行為自体、実は体に大きな負担をかけています。長時間座っていても疲れない椅子を選ぶためには、その負担を軽減してくれる椅子を選ばなくてはなりません。

選ぶ際のポイントは、
(1)背骨が立っているときと同様、S字を描いていること
(2)体を圧迫しないこと、血行を妨げないこと

です。

これらの要素をきちんと満たしている椅子は、機能性に優れた、疲れにくい椅子であると言えるでしょう。

ドイツの代表的な家具メーカー、ウィルクハーンでは、人間工学に基づいた長時間座っても疲れないための機能が考慮された椅子を提供しています。
ウィルクハーンは今年で創業100周年を迎えるドイツの代表的な家具メーカー。あらゆる座姿勢に適応し、長時間座っていても疲れにくい「FS-Line(エフエスライン)」(1980年)という椅子を生み出し、以来の椅子作りに多大な影響を与えました。また、95%がリサイクル可能な椅子「Picto(ピクト)」(1991年)を発表するなど、環境への取り組みも積極的に行ってきました。

職人によって一つひとつ組み立てられた椅子は、デザイン性にも優れ、その操作も簡単なため、オフィスユースだけでなく、広く家庭用としての人気が、ますます高まってきています。
また、シンプルなデザインは家庭の部屋に配置してもスッキリと収まり、部屋の雰囲気をグッとセンスアップしてくれます。
インテリアエレメントとして、工夫次第でホームオフィス空間だけでなく、キッチンやダイニング、ドレッサースペースにも活用できます。

オフィスライクに偏りすぎずに、家の中でも疲れにくく機能性・デザイン性に優れた家具を選択するトレンドは、今後ますます高まっていきそう。

お問い合わせ:ウィルクハーン・ジャパン株式会社

RE-Guide不動産一括査定 RE-Guide収益物件 不動産投資診断チャート
査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済