査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

部屋を広く見せる色・柄・レイアウト

インテリア・収納

この国の住宅事情を考えてみても、特に都心で一人暮らしをするとなると、かなり窮屈な空間で暮らさなくてはならないということは致し方ないことなのかもしれません。 しかし、生活空間を少しでも開放的に、広く見せることで、より快適な空間づくりをすることは不可能ではありません。 今回は、色や柄、インテリアやそのレイアウトにちょっとした工夫を加えることにより、部屋を広く見せるためのアイデアをご紹介します。

照明

部屋のどの面に光を当てるか、どこを強調するかによって、部屋の印象は大きく変わります。 天井が低く狭い部屋であれば、天井と壁に光を当てることにより、実際より天井が高く、また奥行きのある広々とした印象になります。 狭い部屋にペンダントやシャンデリアなどの視界をさえぎる照明を置くと、圧迫感が出てしまい、部屋が狭く見えてしまいます。 天井に設置する照明は、ダウンライトや薄型のシーリングライトがおすすめです。

色・柄

広く見せる色は、白、アイボリー、ベージュなどの薄い色、もしくは淡いブルーなどの寒色系。淡い色を着ると太って見えるという膨張効果を部屋に応用したものですが、実際に淡い色は開放感を出し、広い空間を演出してくれます。 狭い部屋では、壁紙などはなるべく無地をチョイス。どうしても柄を入れたい場合は、極力小さめの柄を選びましょう。 天井が高い部屋は広く見えます。天井を高く見せるためには、縦のラインを強調するとよいでしょう。例えばカーテン等に縦じまを使うと、天井を高く見せる効果があります。

インテリア、レイアウト

インテリアや家具の選び方、置き方次第でも、部屋を広く見せることが可能です。 例えばカーテンは床までかかる長いものにすると、天井が高く見えます。 また、鏡を効果的に利用するのも一つの手。飲食店などで壁一面を鏡にして、店内を広く見せている例をご覧になったこともあるかと思います。鏡の置き方としては、美しいものが映りこむ場所に配置するのがポイント。 また、ソファでも箪笥でも、家具はとにかく背の低いものを選ぶと、天井を高く見せることができます。

また家具のレイアウトですが、見た目の床面積が広いと空間も広く見えます。 床に直置きの家具は出来るだけ少なくすること、そして密集させて配置することで、見える床の面積が広がり、部屋自体を広く見せる効果が期待できます。 また、窓などの開放感のある場所にはなるべく家具を置かないようにして、目に付く家具の量を減らしましょう。

荷物を減らす!

最後に、部屋を広く見せるための究極の技は、実際に空間を広くしてしまうこと、つまり、荷物を少なくすることです。言うは安し、ですが、荷物を溜め込んでしまう人は、結局、空間を常に狭くしてしまう人です。そういう人は、実際にいくら広い部屋に移り住んだところで、その部屋をまた狭く使ってしまうでしょう。なるべく荷物は持たない、不要なものは溜め込まない、スリムな生活を心がけましょう。

情報提供

ベスト@リフォーム

https://www.bestreform.jp/

無料のカタログ請求、見積り依頼、リフォーム事例紹介、リフォーム業者検索など、リフォーム情報が満載!


RE-Guide不動産一括査定 RE-Guide収益物件 不動産投資診断チャート
査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域は?入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済