査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産売却時の依頼先はどこがいい?不動産会社それぞれの特徴をご紹介

不動産売却時における依頼先の選び方から不動産会社の特徴別メリット・デメリットまで

「不動産を売却したい。依頼先はどこがいいのかな?」

不動産を売却する方が最初に抱くお悩みです。

不動産会社選びは、不動産を売却する上で非常に重要なポイントです。不動産の売却活動に大きく影響するため、悩んでしまうのも無理はありません。

ここでは、そのようなお悩みを解決するために、不動産売却時における依頼先の選び方、不動産会社の特徴別メリット・デメリットをご紹介します。

ご自身と相性が良い不動産会社に出会いたい方はぜひご一読ください!

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら
  • 不動産売却時の依頼先は売却実績や営業担当との相性など、複数の点から判断する
  • 不動産会社選びに迷った時は不動産一括査定が便利
  • 不動産会社の特徴は大手・地域密着型によって異なる
  • 不動産会社の中でも、仲介業者・買取業者など事業内容によって特徴が異なる

1. 不動産売却時の依頼先はどこがいい?【基本の考え方】

不動産売却時の依頼先を検討する際、「全国に支店を構える大手企業」と「地域密着型の中小企業」のどちらが良いかが判断基準の一つです。

ただし、優良な不動産会社かどうかは、会社の規模のみで一概に判断できるものではありません。また、売却する不動産や営業担当によっても、相性の良し悪しが分かれます。

ご自身と相性が良い不動産会社を探す際は規模にこだわり過ぎず、以下のように複数のポイントから判断することが大切です。

【不動産会社選びのポイント】

  • 売却実績
  • 専門性の高さ
  • サービス内容
  • 営業担当との相性

不動産会社選びのポイントについては以下の記事で解説しているので、詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

不動産売却におすすめな不動産会社のチェックポイント

1.1. 不動産会社の事業内容も要チェック

不動産会社を検討する際、事業内容もチェックしてみると良いでしょう。不動産業と言っても売買、仲介、賃貸など複数の事業内容に分かれており、それぞれ専門性が異なります。

不動産売却時の依頼先として候補となるのは「仲介業」「買取業」を営んでいる不動産会社です。それぞれのメリット・デメリットは記事の後半で解説するので、ここでは大まかな違いを紹介しましょう。

【仲介業者と買取業者の違い】

仲介業者:売主から売却の依頼を受けて、買主候補を探す手伝いをする不動産会社

買取業者:売主から不動産を直接買い取る不動産会社

不動産会社は複数の事業を営んでいるケースが多いため、仲介・買取の両方に対応している会社もあります。また、仲介業を営んでいる会社の中でも、マンションの売却実績が豊富な会社、戸建ての売却実績が豊富な会社など専門性が分かれます。

事業内容や実績については、各不動産会社の公式サイトで確認できるのでチェックしてみてください。

1.2. どこがいいか迷った時は不動産一括査定が便利

不動産売却時の依頼先に迷った場合、不動産一括査定が便利です。

不動産一括査定サイトの中でも老舗サイトであるRE-Guide(リガイド)不動産一括査定では、独自審査に通過した不動産会社のみが参加しています。

画面に沿って必要な情報を入力すると、条件にマッチした不動産会社が候補として表示されるので、手間をかけずに不動産会社へ査定依頼したい人におすすめです。

査定額は無料で、不動産の売却が初めての方にも安心してご利用いただけますので、ぜひ一度ご確認ください。

不動産一括査定で不動産会社を探す

1.3. 不動産会社選びの参考になる情報

不動産会社を選ぶ際に参考になる情報は、「宅地建物取引業免許の更新回数」と「過去の行政処分履歴」です。

不動産会社の宅地建物取引業免許を確認すると、免許の更新回数がわかります。同免許は以下のような表記になっており、中央の()内にある数字は免許の更新回数を示しています。

【宅地建物取引業免許の例】

国土交通大臣(02) 第〇〇〇号

東京都知事免許(01)第〇〇〇号

免許の更新は5年に1度(1996年3月31日以前は3年に1度)なので、数字が大きい会社ほど更新回数が多い=営業歴が長い会社です。

免許の更新回数が少なくても専門知識が豊富なケースがあるので、あくまでも参考情報としてご確認ください。

また、過去に宅地建物取引業法に違反した不動産会社の情報は、国土交通省の公式サイトにて確認できます。各サイトへのリンクを以下にまとめたので、不動産の売却を検討している方はこちらもご活用ください。

【国土交通省の公式サイト】

2. 大手の不動産会社へ売却を依頼するメリット・デメリット

不動産会社を選ぶ際、会社の特徴別メリット・デメリットを確認しておくことも大切です。ここでは、売却を大手不動産会社へ依頼するメリット・デメリットを解説します。

2.1. 大手の不動産会社へ売却を依頼するメリット

売却を大手不動産会社へ依頼するメリットは以下3つです。

【メリット】

  • 豊富な資金力を活かしたサービスを受けられる
  • 知名度、ブランド力によって高い広告効果を期待できる
  • 顧客の情報量が豊富
大手不動産会社の強みは、豊富な資金力や知名度・ブランド力です。

たとえば、不動産を売却するために重要な「物件の広告」。これを作成する際、提携しているデザイナーが作成することで、アピール効果を高めてくれるケースがあります。自社の幅広いネットワークを活かした広告活動によって、短期間で買主を探してくれることもあるでしょう。

また、大手の不動産会社は買主からの問い合わせ件数も多いため、顧客の情報量が豊富です。あなたが売却したい不動産の条件とマッチした買主候補がすぐに見つかる可能性もあります。

2.2. 大手の不動産会社へ売却を依頼するデメリット

売却を大手不動産会社へ依頼するデメリットは以下2つです。

【デメリット】

  • イレギュラー対応が難しい場合がある
  • 営業担当が多忙なケースが多い

大手の不動産会社は、組織が大きいだけに社内のマニュアルがしっかりと決められています。イレギュラーな個別対応は難しい場合もあるでしょう。

また、一人の営業担当が抱える案件も多い傾向があります。営業担当によって異なりますが、連絡が取りにくい、対応に時間がかかるといったことがあるかもしれません。

3. 地域密着型の不動産会社へ依頼するメリット・デメリット

ここでは、不動産の売却を地域密着型の会社へ依頼するメリット・デメリットについて解説します。

3.1. 不動産の売却を地域密着型の会社へ依頼するメリット

不動産の売却を地域密着型の会社へ依頼するメリットは以下2つです。

【メリット】

  • 地元に精通した人脈、情報収集力がある
  • 柔軟に対応してくれるケースが多い
特定の地域で長く事業を営んでいる不動産会社の強みは、地域密着型ならではの人脈や情報収集力です。不動産を購入する人の中には、その地域の土地勘がない人もいます。地域ならではの事情や住みやすさなど、購入検討者の気になるポイントをしっかりと回答してくれるでしょう。

営業担当が地域に詳しいことは、売主にとっても大きなメリットです。その地域に適した売却戦略でスムーズに買主を探してくれる可能性があります。

また、中小規模の不動産会社では、個別の事情を考慮して柔軟に対応してくれることもあるでしょう。

3.2. 不動産の売却を地域密着型の会社へ依頼するデメリット

不動産の売却を地域密着型の会社へ依頼するデメリットは、広告活動による効果が小さくなる可能性があることです。

特定の地域で事業を営んでいる不動産会社の中には、昔ながらの方針を大切にしている会社もあります。そのような不動産会社は、社長や営業担当の人脈や手腕が強みです。

そのため、大手不動産会社のように大々的な広告活動をしないケースもあるでしょう。

また、地域密着型の不動産会社の場合、公式サイトの情報量が大手よりも少ない傾向があり、ご自身で相性の良し悪しを判断することが難しい場合もあります。地域密着型の不動産会社に依頼したい場合、不動産一括査定の利用を検討してみるのも手です。

不動産一括査定で不動産会社を探す

4. 仲介業者へ依頼するメリット・デメリット

不動産会社を選ぶ際、「仲介業者」「買取業者」といった事業内容で比較することも選択肢の一つです。ここでは、不動産の売却を仲介業者へ依頼するメリット・デメリットについて解説しましょう。

4.1. 仲介業者へ依頼するメリット

不動産の売却を仲介業者へ依頼するメリットは、買取業者への依頼よりも高く売れる可能性があることです。

仲介と買取では不動産会社の目的が異なります。前者は契約を成立させること、後者は不動産を購入して転売することです。

仲介業者へ依頼すると、契約成立のためにさまざまな売却活動をしてくれます。相性が良い営業担当に依頼し、売り出し価格を適切に設定すれば期待通りの価格で売却できる可能性があるでしょう。

不動産売却時の売り出し価格の決め方

4.2. 仲介業者へ依頼するデメリット

不動産の売却を仲介業者へ依頼するデメリットは以下2つです。

【デメリット】

  • 買取業者への依頼よりも売却に時間がかかる
  • 売却活動が近所の人に知られる可能性がある

仲介業者へ依頼する場合、売却活動によって買主を探す仕組みのため、売却までに時間がかかる可能性があります。

また、買主を探すためには、不動産ポータルサイトやチラシへの広告掲載が必須です。近所の方が掲載中の広告を目にする機会があるかもしれません。

不動産の売却にかかる期間はどれくらい?

5. 買取業者へ依頼するメリット・デメリット

仲介業者だけでなく、不動産を直接買い取ってくれる買取業者のメリット・デメリットも確認しておきましょう。

5.1. 買取業者へ依頼するメリット

不動産の売却を買取業者へ依頼するメリットは以下2つです。

【メリット】

  • 短期間で売却できる
  • 売却することが周囲にばれにくい
買取業者は不動産を直接買い取ってくれるため、仲介業者への依頼よりも短期間での売却が可能です。

また、買取業者の場合、広告掲載で買主を探す必要もありません。周囲にばれずに不動産を売却する際の選択肢の一つと言えるでしょう。

5.2. 買取業者へ依頼するデメリット

不動産の売却を買取業者へ依頼するデメリットは、売却価格が相場以下になる傾向があることです。

買取業者にとっての利益は、不動産の買取価格と転売価格の差益です。売主から高く購入し過ぎると買取業者の利益がなくなってしまうため、一般的に買取価格は相場よりも低くなります。

売却期間に余裕があり、少しでも高く売りたい人は仲介業者へ依頼した方が良いかもしれません。

6. まとめ

不動産会社を選ぶ際は、実績や営業担当との相性など複数のポイントをチェックしてみましょう。ご自身での不動産会社選びに不安がある場合、不動産一括査定の利用がおすすめです。

また、今回紹介したように不動産会社の特徴によってメリット・デメリットが異なります。特徴をしっかりと理解しておくと、不動産会社を選ぶ際の参考になるかもしれません。

  • 不動産売却時の依頼先は売却実績や営業担当との相性など、複数の点から判断する
  • 不動産会社選びに迷った時は不動産一括査定が便利
  • 不動産会社の特徴は大手・地域密着型によって異なる
  • 不動産会社の中でも、仲介業者・買取業者など事業内容によって特徴が異なる
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済