査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産売却における不動産会社選びのポイント

売却を強みとする不動産会社の探し方を紹介

不動産売却を成功させたい=少しでもいい条件(高い価格)で売りたいのであれば、あなたの不動産売却パートナーとなる不動産会社選びが最も大切です。

不動産会社、あるいは担当者によって、売却が成功するか否かが決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。

ではどうしたら、あなたの売却を成功に導いてくれる不動産会社と出会うことが出来るのでしょうか。

確かに簡単なことではありませんが、ポイントを外さずに不動産会社選びを行えば、不可能ということはありません。この記事では仲介会社選びのポイントをご紹介していきます。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら

  • 売却を強みとする不動産会社を探す
  • ウェブサイトの内容を見て営業活動をチェック
  • 売主の立場に立って不動産取引をしてくれる良心的な会社を探す
  • 訪問査定時に担当者をチェックする

1.売却を強みとする不動産会社を探す

一言で不動産会社といっても、いろいろな会社があります。

主に不動産売買を取り扱っている会社、賃貸を専門にしている会社、投資物件を専門に扱っている会社…等々、それぞれ得意分野があります。

もちろん売買から賃貸、リフォームまで幅広く扱っている会社もありますが、最近はいずれかのサービスに特化した不動産会社も良く見受けられます。

今あなたは不動産を売却しようとしているわけですから、「不動産売却」に力を入れている会社を探すべきなのです。

1.1 「不動産売却」に力を入れている会社

不動産売却のみを専門としている会社というのはあまり見たことがありませんが、特に売却に力を入れている、という会社は多数あります。

とはいえ、売却に力を入れている会社をどうやって見分けたらいいのでしょうか。

まず、賃貸ではなく売買を主に行っている不動産会社であることが不可欠です。 例えば、不動産会社の店舗などで、目立つところに賃貸物件が貼ってあれば賃貸専門であり、売買はメインでないことが分かります。

または、どういった物件を取り扱っているかというのも気を付けなくてはなりません。 例えばマンションを売却したいのに、賃貸や土地といったものが多ければ、今必要としている会社ではないことが分かります。

オンラインの不動産一括査定サービスに参加している会社であれば、売却に力を入れていると考えられます。

また、物件の地域・種別を選択すると、対応出来る不動産会社がチェックできますので、一括査定サービスを利用するのもお勧めです。

不動産会社への一括査定依頼を行う(無料)

2. 良心的な不動産会社を探す

ピックアップした仲介会社の中から、「良心的な」不動産会社を探します。

あなたの不動産売却を成功に導くパートナーですから、その人はあなたやその物件のことを最優先に考えてくれる人であって欲しいものです。

仲介担当者も案件は一つではないですから、<最優先>というのは難しいとしても、あなたの物件の資産価値やあなたのライフプランまで考えて、つまり売主の立場に立って不動産取引をしてくれることが求められるわけです。

それがここでいう「良心的な」不動産会社ということです。会社にはそれぞれ理念やビジョンといったものがあります。ウェブサイトなどでそれを確認し、売主の立場に立った営業活動を行っている会社かどうかを見極める必要があります。

とはいえ、ウェブサイトに書かれている美辞麗句だけではもちろん、売主の立場に立って考えてくれるかどうか、会社の本当の姿は分かりません。

不動産物件は二つと同じものがありません。売主の状況や個々の物件の状態を知らずに査定することは不可能です。

さらに「売主の立場に立った」会社というならば、売主のあらゆる状況を踏まえたうえで査定に臨むべきです。

不動産会社の候補を数ヶ所に絞り込んだら、訪問査定をしてもらいましょう。


3.訪問査定時に担当者をチェックする

不動産会社とは実際に会って話をしてみないと、大切なパートナーを決定するだけの根拠は生まれません。

具体的なチェックポイントを挙げてみましょう。

3.1 訪問した担当者の名刺を見る

まず、あなたの家の査定をしに来た担当者は、ご挨拶と共に自分の名刺を出してくるでしょう。
名前の肩書きに、「宅地建物取引士」の記載があるかどうかをチェックします。

複数人で来た場合はそのうちの一人でもかまいませんが、物件の査定をするのに「宅地建物取引士」を一人も連れてこない会社はNGです。

確かに宅地建物取引士が行わなくてはならない業務は「重要事項説明」、「重要事項説明書面への記名・押印」、「37条書面(契約書)への記名・押印」の3つで、他の業務は宅地建物取引士でなくても行えます。

しかし、「宅地建物取引士」の免許取得の努力を怠るような人に、大切な家の売却を任せられるでしょうか。

3.2 説明が分かりやすいか

査定に来た不動産会社の人は不動産のプロであり、売主のあなたは素人です。
ですから、査定額やその根拠についての説明は、なるべく素人の分かる言葉で、理解できるようにきちんとすべきです。

ただし、あなたにとって都合のいい話だけしてくるというのもあまり感心できません。

プロが客観的に見た物件の欠点など、あなたにとっては耳障りの悪い話もあるでしょう。そういう点についてもきちんと正確に、易しい言葉で話してくれることが必要です。

3.3. あなたの話を聞いてくれるか

「2. 良心的な不動産会社を探す」で書きましたが、あなたのパートナーとなる仲介担当者は、あくまであなたの立場に立ってくれる人が望ましいわけですから、あなたやその物件について、その事情をよく理解して売却活動をしてくれる人でなくてはなりません。

自分の査定額だけを強引に推し進めてくる人や、こちらの話を全く聞いてくれないような人では困ります。

まとめ

売却を強みとする不動産会社を探し、良心的な不動産会社を選ぶことで、大切な資産である不動産の売却を納得できるものに。

不動産売却のパートナーをきちんと見抜くことで、売却活動は全く違ったものになります。そのことを忘れずに、根気よく、売却を成功に導くパートナーを探しましょう。

  • 売却を強みとする不動産会社を探す
  • ウェブサイトの内容を見て営業活動をチェック
  • 売主の立場に立って不動産取引をしてくれる良心的な会社を探す
  • 訪問査定時に担当者をチェックする
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済