査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産売却時のお悩み別相談先

不動産売却時に関わる6つの専門家の特徴と頼れる不動産会社の選び方

不動産を売却する際、自分だけでは解決できない悩みを抱えることがあります。誰に何を相談するべきかを事前に確認しておくと、困った時にすぐに対応できて安心です。

今回は、不動産売却時に関わる各専門家の特徴を、お悩み別に解説していきます。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら
  • 不動産売却時のお悩みは、目的に合わせて専門家へ相談
  • 不動産会社は不動産売却時の頼れるパートナー
  • 不動産一括査定サイトを利用すると、頼れる不動産会社が効率よく見つかる

1. 不動産売却時のお悩み別相談先

不動産売却時に関わる専門家は、主に以下の6つです。

お悩み 専門家
不動産を売却したいけど、何から始めたらいいかわからない 不動産会社
土地や建物の価値を知りたい 不動産鑑定士
登記手続きをしたい 司法書士
買主や親戚など、第三者との間でトラブルが発生した 弁護士
土地の境界を確認したい、測量図が欲しい 土地家屋調査士
確定申告の手続きが不安、税金関係が良くわからない 税理士

それぞれの専門家に依頼するとどのような悩みが解決するのか、一つずつ確認していきましょう。

また、不動産を売却する際の流れは以下の通りです。

  1. STEP1:相場を調べる
  2. STEP2:売却の計画を立てる
  3. STEP3:売却活動で買主を探す
  4. STEP4:価格・条件交渉
  5. STEP5:売買契約・引き渡し

不動産を売却するまでの詳しい流れや売却方法については、以下の記事で解説しているので併せてご確認ください。

不動産の売却方法と注意点

1.1. 不動産会社:売却相談から契約手続きまで

不動産を売却する際、多くの人がはじめに思いつく専門家は、不動産会社ではないでしょうか。不動産会社と言っても、事業内容は会社によってさまざまで、売却の相談をする際は、「売買仲介」をしている不動産会社に依頼するケースが一般的です。

不動産会社は、不動産の査定、売却活動、契約手続きなど、売却に関する一連の流れをサポートしてくれます。

ただし、不動産取引は不動産の知識に加えて、税金、権利関係、ローンなど幅広い知識が必要になるため、相談内容次第では不動産会社で解決できないこともあるでしょう。そんな時は、不動産会社を通して、各専門家を紹介してもらえることがあります。

不動産を売却する際、不動産会社の存在は重要になるので、記事の後半では不動産会社の選び方についても詳しく解説します。

1.2. 不動産鑑定士:不動産鑑定の専門家

不動産鑑定士は、不動産を鑑定するための資格を持った人です。不動産鑑定士に依頼すると、不動産の鑑定書に関する法律にもとづいて、客観的な資産価値を計算してくれます。

不動産会社が行う査定との違いは、明確なルールがあるかどうかです。

不動産会社の査定は、営業担当の経験や実績に基づいて行うため、営業担当によって査定額が変わります。不動産鑑定士は、国の基準をもとに鑑定するので、より正確に不動産の価値を確認できます。

また、不動産鑑定士に鑑定を依頼すると、「不動産鑑定評価書」を作成してくれますが、この書類は裁判でも証拠として使用できる公的効力を持ったものです。

不動産会社の査定は数日〜1週間ですが、不動産鑑定士の鑑定は2週間以上かかる場合があります。「不動産鑑定評価書」が欲しい場合は、早めに依頼しておきましょう。

1.3. 司法書士:登記手続きの依頼先

司法書士は、登記手続きなど権利関係の手続きを円滑に進めてくれる人です。

登記手続きを行うことで、新しい持ち主は、法的に自分が所有者であることを主張できる権利を得ます。不動産の名義を正確に変更し、売買取引を完結させるためには、正しい登記手続きが必要です。

不動産売却時の主な登記手続きは、所有権移転登記と抵当権抹消登記で、これらは、買主側が依頼した司法書士が行うことが一般的となっています。

また、相続した不動産を売却する際は、売却前に相続登記をして名義を自分に変更する必要があります。相続した不動産を売却予定の人には、以下の記事もおすすめです。

相続した不動産を売却する際のポイント

1.4. 弁護士:トラブル発生時の相談先

あまり考えたくありませんが、高額な不動産取引では売主と買主がトラブルになるケースも珍しくありません。

買主による、売買契約締結後の一方的な契約解除、買主が入居後の多額な修繕費の請求など、当事者間での解決が困難な場合、弁護士に相談しましょう。

また、相続による遺産分割や、離婚による財産分与など、権利関係が複雑になりやすい取引のトラブルも、弁護士に相談することで早期解決に繋がる可能性があります。

1.5. 土地家屋調査士:土地の境界確定や測量の専門家

土地家屋調査士は、土地の面積や建物の構造などを調査して、不動産の内容を明確にする人です。調査した結果をもとに、土地や建物の図面を作成してくれます。

不動産を売却する際は、主に土地の境界確定や測量図を作成するために依頼します。

土地の境界確定が必要な理由の一つは、買主が安心して購入できるようにするためです。売却予定の土地の境界がはっきりしていない場合、買主が購入後に隣人とトラブルになる可能性があります。売却時に境界を確定させておくことで、後のトラブルを防ぐことができます。

また、境界を確定する際、隣人の立ち合いが必要です。売却をスムーズに行うために、事前に隣人に協力を依頼しておきましょう。

1.6. 税理士:税金に関する相談先

不動産を売却する際、譲渡所得税、登録免許税、印紙税などの税金がかかります。税金関係で不明点があれば、税理士に相談することも手段の一つです。

特に、譲渡所得税を納税するためには、売却で得た利益を計算した上で確定申告が必要です。確定申告の手続きに慣れていない人は、税理士に相談しながら進めると漏れなく申告できるでしょう。

譲渡所得は、売却した翌年の2月16日〜3月15日の間が申告期間です。申告が遅れると、納付期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、延滞税が課税されるので注意が必要です。

また、譲渡所得税に関する特例制度を利用する際も確定申告が必要になるので、特例制度の利用を検討している人も、忘れずに行いましょう。譲渡所得税や特例制度についての詳細は、以下の記事で解説しているので、興味がある人はご覧ください。

不動産売却時の譲渡所得について 【3000万円の特別控除とは】不動産売却で必要な税金の知識

2. 不動産売却時の頼れるパートナー【不動産会社の選び方】

不動産を売却する際、不動産会社は重要なパートナーになります。そのため、頼れる不動産会社を見極めることが大切です。

大手の不動産会社は、サポート体制やサービス制度が充実していることが多く、地域密着型の不動産会社は、地域の売却ノウハウが豊富など、不動産会社によって特徴があります。

売却前に複数の不動産会社に査定を依頼し、各社比較しておくと、あなたに合った不動産会社が見つかるでしょう。

不動産売却におすすめな不動産会社のチェックポイント

2.1. 不動産一括査定サイトがおすすめ

複数の不動産会社を比較する際、1社ずつ依頼することも可能ですが、どうしても手間と時間がかかります。不動産一括査定サイトを利用すると、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼できるため、手間と時間を大幅に削減できます。

一括査定サイトは無料で利用できるので、不動産の売却を検討中の方は特におすすめです。

一括査定依頼を行う

3. まとめ

不動産を売却する際、多くの人は不動産会社に相談しますが、不動産会社で解決できない悩みがある場合、各専門家へ依頼することもあるでしょう。

各専門家の特徴を事前に確認しておき、困った時は相談してみてくださいね。

  • 不動産売却時のお悩みは、目的に合わせて専門家へ相談
  • 不動産会社は不動産売却時の頼れるパートナー
  • 不動産一括査定サイトを利用すると、頼れる不動産会社が効率よく見つかる
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済