査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

進化し続けるAIによる不動産査定

気になるAIによる不動産査定の仕組みや精度を解説

最近なにかと話題のAI。不動産査定においても、AIが数秒で不動産の査定をしてくれるサイトがいくつかありますね。

ここでは、意外と知らないAIの基本から気になる不動産査定の精度まで解説していきます。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら

  • AI(人工知能)は情報量によって精度が変化する
  • 一部地域の「マンション」であれば信頼に足る査定額が出る
  • 地方や戸建て等の査定ではブレが生じる可能性も
  • 本格的に不動産売却を検討中なら訪問査定がおすすめ

1.AIとは?

AIとは、「artificial intelligence」の略称で、日本語に直すと人工知能です。
最近では、様々なものにAI(人工知能)が使用されていることが多く、日常生活の中でも目にする機会が多くなりましたね。

AI(人工知能)は、今多くの分野で研究・開発が進められています。しかし、具体的なことは難しくて分かりにくいですよね。

AIは、膨大な量の情報を学習することで作られていきます。私たちも、何かを勉強する時には、情報をたくさん仕入れますよね。
それと同じように、AIもたくさんのデータを入れていくことで形作られていくのです。

実は、そんなAIには大きく分けて二つの種類があります。

汎用型人工知能

汎用型人工知能は、様々な問題を解決することができるのが特徴です。
端的に言ってしまえば、「ドラえもん」「鉄腕アトム」は汎用型人工知能に分類されるでしょう。
実際には、まだドラえもんや鉄腕アトムのように「何でもできるAI」は実現していませんが、現在も研究が進んでいます。

特化型人工知能

特化型人工知能は、その名の通り、一つの領域に特化して作られたものです。 以前に「将棋」や「チェス」といったゲーム対戦などで人間を打ち負かした、等とニュースになったのを覚えている人もいるのではないでしょうか。 一つのことに特化しているので、人間以上の能力を発揮する場合もあり、既に様々なものに実用化されています。

2.不動産査定でAI?

AIが不動産の査定をしてくれる、そんなサイトがいくつか登場していますね。
AIによる不動産査定は、AIの二つの種類の中では「特化型人工知能」に類するものでしょう。
サイトに搭載されているAIが所有するデータを参照して、入力された不動産の金額を算出するのです。

3.AI不動産査定の精度

気軽に行うことのできるAI不動産査定。気になるのはその精度です。

先も述べた通り、AIはデータによって形作られているもの。言い換えると、内部にどれだけ多くの情報を持っているかによってAIの精度が決まります。

不動産査定のためのAIにおける情報は、「取引事例」が該当します。
AIに学習させることができるのは、運営会社が有している「取引事例」であるため、所有しているデータ量の多い場所でしか精度の高い査定はできないということになります。

不動産の種別はいくつかに分類されますが、一般的な住戸である「マンション」と「戸建て」について考えていきましょう。

マンションの場合

マンションのAI査定ができるサイトはいくつか存在します。
しかしながら、その地域は「首都圏」や「五大都市」などに絞られている場合も散見されます。

なぜ、マンションのAI査定のサイトがいくつもあるのでしょうか。

その理由は、ずばり「類似した不動産の取引事例が多い」からです。

不動産の特徴の一つに、「全く同じものは存在しない」というものがあります。
しかしながら「マンション」は、階数は異りますが「同じ立地、同じ間取り」であり、他の不動産に比べて類似点が多いのです。
そのことから情報として整理がしやすく、AIの査定にも組み込みやすいのだと考えられます。

また、「首都圏」や「五大都市」などの都市部では、物件の流通が多く、取引事例も集まりやすいため、AIによる査定を行うのに十分なデータが集められるのでしょう。

戸建ての場合

戸建てのAI査定ができるサイトはあまり多くはありません。

理由として、不動産の「全く同じものは存在しない」という特徴が挙げられます。
戸建ての場合、マンションとは異なり、一つ一つの不動産に類似点が少ないため、おおよその金額すら出すのが難しいのです。

例えば、同じ築年数の同じ市内にある戸建てであっても、その戸建てが建っている地域が「市街化区域」なのか「市街化調整区域」なのかによっても査定額は大きく異なります。
他にも、接している道路の有無やその種類など、戸建ての査定額を出すためには、マンションよりも多くの情報が必要となります。

そのような詳細な情報のすべてをAIに学習させることは難しく、また、物件の場所すべてを詳細に特定することも、現在の技術では難しいため、精度はやはりマンションには劣ると考えられます。

4.従前の不動産査定との違い

不動産の査定と言えば、不動産鑑定士もしくは不動産会社に依頼をして金額を出してもらうというのが一般的です。

不動産鑑定士、不動産会社どちらへ不動産査定を依頼したとしても、物件の住所を含めた個人情報の提供が不可欠です。
また、金額の算出には、不動産鑑定士であれば約2週間、不動産会社の場合は最短で1営業日ほどの日数がかかります。

AIによる不動産査定は、物件の住所を入力するだけで金額が出るので気軽に行えることが魅力の一つですね。

不動産鑑定士や不動産会社による不動産査定の費用等が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不動産査定にかかる費用と注意点

4.1. AI査定のメリット

(1) 金額がすぐに出る

まだ売却等を考えていなかったり、なんとなく今の価値を知りたいというときには、すぐに金額が出るAI査定は魅力的です。
入力後、ボタンを押してその場ですぐに金額が出ますので、気軽に金額を知りたい場合の利用には良さそうです。

(2) 電話などの連絡を受けない

不動産鑑定士や不動産会社への依頼の場合、細かく物件の情報を知るためにも、電話での連絡を行う場合があります。
AI査定ではそういった電話がかかってくることはありません。
やり取りするのが面倒で、大まかな金額だけ知りたい場合には魅力的ですね。

(3) 匿名で利用できる

AI査定では、住所以外はほとんどの情報を入力することなく査定できます。
住所以外では、入力するとしてもメールアドレス程度で、匿名性が高いことが特徴と言えます。
離婚などの財産分与等、個人情報を漏らしたくない人にはオススメできそうです。

4.2.AI査定のデメリット

(1) 調査が必要な物件の特徴までは把握できない

不動産は、一つとして同じものはありません。
例えば、類似点が多いマンションであっても、リフォーム歴があるかないかによっても金額が変わってくることがあります。
そういった細かい特徴の一つ一つまでは、AI査定ではフォローしきれないのが現状です。

(2) 地方や戸建て等の査定ではブレが生じてしまう

AI査定では、取引事例のデータが命です。
取引事例の多くない地方であったり、データとして収集しにくい戸建ての査定では、データの量、質ともに劣ってしまいます。
そのため、金額にブレが生じてしまうことが多々あります。

(3) 実際の売却できる金額とずれてしまう可能性がある

AIによる不動産査定では、これまでの取引事例のデータから客観的に金額を算出します。
実際に売却を検討している場合は、勿論少しでも高く売れた方が嬉しいですよね。

不動産会社は、それぞれ購入希望のお客さんを持っている場合があります。
売却予定の物件と購入希望の条件が合致した場合には、AI査定による客観的な査定金額よりも高く売却できる可能性が高まります。
不動産会社は、それぞれ保持している顧客情報が異なりますので、売却を検討中の方はAI査定の金額だけを見てしまうと、実際の売却できる価格とのズレが生じてしまう場合があるのです。

まとめ

不動産査定の世界にも進出してきたAI。物件や地域によっては信頼に足る精度の査定がされますが、まだまだ不安定な一面もあります。

実際に不動産の売却を考えている方は、AI不動産査定だけでは、物件個別の情報などは反映されませんので、十分な査定額とは言えません。

不動産を売却予定の方は、AI査定だけでなく、不動産会社へ不動産の査定を追加で依頼することが、早く・高く売却する手助けになるでしょう。

その際の査定は、数社で比較ができる不動産の一括査定がおススメです。実際に物件の内部を見てもらえる訪問査定では、更に詳しい査定金額が算出できますので、ぜひご利用くださいね。

  • AI(人工知能)は情報量によって精度が変化する
  • 一部地域の「マンション」であれば信頼に足る査定額が出る
  • 地方や戸建て等の査定ではブレが生じる可能性も
  • 本格的に不動産売却を検討中なら訪問査定がおすすめ
不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

売却特集記事
査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済