査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産を高く売る方法とは?5つのコツと損失を招く行動3選

不動産を高く売るために押さえておきたい3つの基本や5つのコツ、損をしやすい行動

「不動産を高く売るコツを知りたい!」

不動産は高価な資産ですから、このように考える方は多いでしょう。不動産を高く売るコツを知っておくと、売却活動に役立ちます。

ただし、不動産取引は多くの方にとって馴染みのない取引です。細かいテクニックだけでなく、不動産売却の基本も併せて確認しておきましょう。

ここでは、不動産を高く売るために押さえておきたい3つの基本、高値で売却する5つのコツ、売却で損をしやすい行動3選を紹介します。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら
  • 不動産売却時は「取引の特徴」「価格の決まり方」「不動産会社の重要性」を理解する
  • 売り出し価格は、値下げ交渉を考慮して決める
  • 高く売りたい場合、買取よりも仲介が向いている
  • 売却に強い不動産会社選びには、無料の不動産一括査定がおすすめ
  • 不動産売却後の税金対策も忘れずに!

1. 不動産を高く売るには?押さえておきたい3つの基本

不動産を高く売るには、不動産売却の基本を押さえた上で戦略を立てることが大切です。次の章で紹介する5つのコツは、以下の3つの考え方がベースになっています。

【不動産売却の3つの基本】
  • 不動産取引の特徴
  • 不動産の価格の決まり方
  • 不動産会社の重要性

不動産取引は、一般的な商取引とは特徴が異なり、価格の決まり方も独特です。

すぐに実践できるコツを確認する前に、不動産売却における重要な要素について理解を深めておきましょう。

1.1. 不動産取引の特徴

不動産取引には、以下3つの特徴があります。

【不動産取引の特徴】
  • 売主が売り出し価格を決める
  • 売却活動を通して買主を探す
  • 買主と売主の交渉で条件が決まる
不動産には定価がないため、売主が「この価格で売りたい」という価格で売り出す仕組みです。

また、街中の店舗で売られる商品とは異なり、購入者が積極的に足を運んでくれるとは限りません。不動産売却時は、売り手の積極的な売却活動を通して買主を探します。

※売却活動:広告掲載、購入希望者への提案など、買主を探すための一連の活動です

さらに、購入希望者が現れても、条件交渉で両者が納得しない限り契約が成立しません。

不動産は大切な資産ですから、「高く売りたい」と考えるのは当然です。しかし、このような不動産取引の特徴から、妥協せざるを得ないこともあると心得ておきましょう。

1.2. 不動産の価格の決まり方

不動産の価格は、以下の点で一般的な商品とは異なります。

【不動産価格の特徴】
  • 査定から売却までに複数の価格が存在する
  • 価格に影響を与える要素が多岐にわたる
【査定から売却までに複数の価格が存在する】

1つの不動産の査定から売却まで、査定価格・売り出し価格・成約価格と複数の呼び方があります。

査定価格:周辺の相場をもとに算出した価格

売り出し価格:売主が提示する価格

成約価格:実際に取引が成立した価格

「不動産を高く売る」とは、成約価格を高くするということです。先述の通り、不動産取引は買主との交渉によって条件が決まるため、交渉次第では売り出し価格よりも低い価格での成約もあり得ます。

売り出し価格をいくらに設定するかが重要と言えるでしょう。

不動産査定を自分で行う方法と査定で失敗しないための基礎知識
【価格に影響を与える要素が多岐にわたる】
不動産は同じ地域・同じ種類(マンション、土地など)であっても1つずつ価格が異なります。価格に個体差がある理由は、以下のように不動産の価格に影響を与える要素が多岐にわたるためです。

  • 建物の条件(築年数、外観、内装)
  • 土地の条件(面積、形状など)
  • 周辺環境
  • 市場の動向
  • 当事者の事情

たとえば、同じ不動産でも売却のタイミングや当事者の事情によって価格が変動します。

不動産市場が好況で購入希望者が増加傾向の局面では、不況時よりも高値で売れる可能性があるでしょう。売主が売り急いでいる場合は、買主による値下げの交渉材料となり、相場よりも低価格での売却となる恐れがあります。

不動産の価格の仕組みを理解しておくと、高く売るための戦略を立てやすくなります。

【不動産査定のポイント】評価が高くなる不動産の特徴とは?

1.3. 不動産会社の重要性

不動産会社は、査定から引き渡しまでを一括でサポートしてくれる心強いパートナーです。成約価格に影響する、重要な存在と言えます。

不動産を高く売りたいと考えている方は、不動産会社選びのポイントも併せて確認しておくとよいでしょう。

不動産の売却はどんな営業担当者へ依頼するべき?見極めポイント7選
不動産売却時の依頼先はどこがいい?不動産会社それぞれの特徴をご紹介

2. 不動産を高く売る5つのコツ

ここでは、不動産を高く売るための5つのコツを紹介します。不動産売却時の戦略を立てる際の参考にしてください。

2.1. 売り出し価格は値引きを想定する

不動産取引の成約価格は、売主・買主の条件交渉によって決まります。必ずしも売り出し価格で売却できるとは限りません。

不動産を高く売るには、値引きを想定して売り出し価格を設定しましょう。

たとえば、価格交渉では端数を切り捨てて値引きするケースがあります。相場が2900万円であれば、2980万円のように端数を設定しておくと、交渉時に有利です。

ただし、値引きを考慮した結果、価格設定が相場と乖離してしまうと購入希望者が現れにくくなるリスクがあります。売り出し価格は、不動産会社に相談した上で検討しましょう。

不動産売却時の価格交渉について
不動産売却時の売り出し価格の決め方

2.2. 買取ではなく仲介を選ぶ

不動産を売却する方法には、買取と仲介という2つの方法があります。不動産会社が買主を探してくれる一般的な不動産売却は、仲介です。

一方、買取は不動産会社が直接、不動産を買い取ってくれる方法です。買取では売却活動が不要のため短期で売却できますが、売却価格が相場よりも低くなる可能性があります。

高く売りたい方には、買取ではなく仲介での不動産売却が向いているでしょう。

なお、仲介での不動産売却では、不動産会社と媒介契約を締結します。媒介契約には3つの種類がありますので、違いを確認しておくことをおすすめします。

不動産売却時の媒介契約の種類と特徴(一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約)

2.3. 不動産会社選びに無料の一括査定を利用する

不動産を高く売りたい場合、不動産会社選びも重要なポイントです。価格設定から売却活動、契約手続きまで大きく関わるため、営業担当者の力量が売却活動を左右します。

そうは言っても、不動産を高く売ってくれる不動産会社探しは容易ではありません。そこでおすすめの方法は、無料の不動産一括査定で複数社を比較する方法です。

不動産一括査定では、画面に沿って物件や売主の情報を入力すると、条件に合った不動産会社を選定してくれます。表示された中から気になる不動産会社を選べば、複数社への査定依頼が完了です。

RE-Guide不動産一括査定では、独自審査に通過した不動産会社のみをご紹介しているため、不動産会社選びに不安がある方も安心してご利用いただけます。


無料のRE-Guide不動産一括査定を利用する

2.4. 万が一に備えて戦略を立てる

不動産を〇ヶ月で売りたい、〇ヶ月で売れなかったら〇万円値下げするなど、万が一に備えて戦略を立てておきましょう。

売却活動が始まると、不動産会社とのやり取り、内覧準備など慣れない対応に追われて余裕がなくなる可能性があります。不動産売却の計画段階で最悪のケースも想定しておくと、臨機応変に対応できるでしょう。

不動産の売却にかかる期間はどれくらい?
不動産売却時の値下げのタイミング・値下げ幅の目安とは?

2.5. 内覧で魅力をアピールする

不動産売却時の内覧は、一般的に不動産会社の営業担当者が対応してくれます。

ただし、内覧は売主として不動産の魅力をアピールする絶好のチャンスです。

たとえば、内覧希望者がマイホームの購入を検討している子育て世帯であれば、治安の良さや子育てに便利な立地など、周辺環境をアピールすると効果的です。そのような情報は広告では得られないため、内覧希望者も気になります。

建物の内装はリフォームで変更できますが、立地を変更することはできません。実際に住んでいた人からの情報は信頼性が高いため、さりげなく情報提供してみてください。

内覧で不動産の魅力をアピールできれば、成約に繋がる可能性が高まります。買主が気に入ってくれれば、条件交渉時に有利に働くこともあるでしょう。

不動産売却時の内覧を成功させるコツとは

3. 不動産売却時に損をしやすい行動3選

「〇〇をすると不動産が高く売れにくい」といった注意点を確認しておくことも大切です。ここでは、不動産売却時に損をしやすい行動を紹介しましょう。

3.1. 自己判断でリフォーム・解体をする

古くなった建物のリフォームや解体は、不動産売却時に効果的なケースがあります。ただし、自己判断で手続きするとリフォームや解体にかかった費用を回収できずに損をする可能性があります。

築年数が古い建物を売却する場合は、不動産会社に相談の上、判断しましょう。

不動産の売却前にリフォームは必要?後悔する前に知っておきたい売却事情
不動産売却時のハウスクリーニングが効果的な2つのケースとは?

3.2. 査定額だけで不動産会社を比較する

不動産会社による査定は、あくまでも相場を把握するためのものです。

これまで解説した通り、不動産売却時は売却活動によって買主を探します。査定額が高くても、その価格で売れる保証はありません。

査定額が他社よりも高額な場合、根拠を確認しておきましょう。

高額な査定結果を基に、相場とかけ離れた売り出し価格を設定した場合、買い手が見つかりにくくなる恐れがあります。売却期間が長引くと、安く売らざるを得なくなるため注意が必要です。

不動産査定の結果を比較する際のポイントや注意点

3.3. 値下げ交渉を拒み続ける

不動産取引は、買主と売主が納得した条件で契約が成立する「相対(あいたい)取引」です。値下げ交渉を拒み続けると、売却のチャンスを逃がして希望の価格で売れなくなる恐れがあります。

以下の記事では価格交渉について解説しているので、興味がある方はこちらもご覧ください。

不動産売却時の価格交渉について

4. 不動産売却後の税金対策で手元にお金を残しましょう

不動産売却時に生じた譲渡所得は、譲渡所得税の課税対象です。不動産が高く売れたとしても高額な税金のために、手元のお金が減ってしまう可能性があります。

不動産を高く売るコツを知っておくだけでなく、税金対策をして最終的に手元に残るお金を増やしましょう。

たとえば、マイホーム売却時に条件を満たすと「3000万円特別控除」という特例を利用できます。これは、売却時の譲渡所得から最大3000万円を控除できる特例です。

以下の記事では譲渡所得や特例について解説していますので、併せてご確認ください。

不動産売却時の譲渡所得について
【3000万円の特別控除とは】不動産売却で必要な税金の知識
不動産売却時の節税対策

5. まとめ

不動産を高く売るには、細かいテクニックだけでなく、不動産売却の基本も押さえておきましょう。「不動産売却時に損をしやすい行動」でも解説したように、高く売ろうと意気込み過ぎて損をしてしまうケースもあるため、注意が必要です。

また、不動産売却後の税金対策も大切なポイントです。特例を上手に活用して、少しでも多くの現金を手元に残しましょう。

  • 不動産売却時は「取引の特徴」「価格の決まり方」「不動産会社の重要性」を理解する
  • 売り出し価格は、値下げ交渉を考慮して決める
  • 高く売りたい場合、買取よりも仲介が向いている
  • 売却に強い不動産会社選びには、無料の不動産一括査定がおすすめ
  • 不動産売却後の税金対策も忘れずに!
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

売却

記事カテゴリ一覧

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済