査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産売却時の内覧を成功させるコツとは

内覧準備のポイントから成約率UPのコツ・当日の注意点まで

不動産の売却活動において、内覧対応は売主の大切な役割の一つです。内覧予約が入っても成約に至らない人、初めて内覧の対応をする人は、準備の段階からするべきことを1つずつ確認しておきましょう。

内覧対応の成功は、不動産を早く・高く売るためのポイントの一つです。今回は、購入検討者に良い印象を持ってもうための準備や対応のコツを解説します。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら
  • 内覧予約時は、柔軟なスケジュール調整を心がける
  • 不動産売却時の内覧準備のポイントは、清掃・整理整頓
  • 必要があればハウスクリーニングを依頼する
  • 内覧当日は、不動産だけでなく売主の清潔感・対応も大切
  • 過度なアピールは控え、ネガティブな情報も隠さずに伝える

1. 不動産の売却活動において、内覧予約は【絶好の成約チャンス】

不動産は、人生の中でも大きな買い物です。中古住宅を購入する人の多くは、内覧をしてから最終的に購入するかどうかを検討します。

そのため、内覧予約は売主にとって絶好の成約チャンスです。内覧希望者が現れても、スケジュール調整ができなければチャンスを逃す恐れがあるため、いつでも内覧に対応できるよう、柔軟にスケジュール調整できることが理想です。

また、一般的には複数の不動産を内覧してから、購入するかどうか検討するケースが多いでしょう。

あなたの不動産の他にも比較対象があることを意識して、好印象を持ってもらえるように対応することが大切です。

2. 【不動産売却時】内覧準備のポイント

不動産の売却活動を通して内覧予約が入ったら、内覧成功に向けて準備を始めましょう。

内覧準備の基本的なポイントは、清掃・整理整頓です。具体的に注意することを以下のチェックリストにまとめたので、ぜひ参考にしてください。

内覧準備のチェックリスト

水回り(キッチン、トイレ、浴室、洗面所) ・コンロ、換気扇の油汚れを落とす

  • 水あかやカビ、黒ずみの除去
  • 排水管、トイレなど不快な臭いへの対策

玄関

  • 掃き掃除をする
  • 靴の整理整頓

リビング・居室 ・できるだけ床に物を置かない

  • クローゼットの整理整頓
  • 寝具、カーテン、カーペットの洗濯
  • 生活臭への対策

ベランダ

  • 物を置きすぎない
  • 掃き掃除をする

窓 ・手あかやくもりの拭き掃除

  • サッシの汚れの除去

その他

  • 各部屋の照明はつくか
  • 空調設備に不備はないか

2.1. 家中の清掃とハウスクリーニング費用の目安

新築と違って、中古住宅の内覧は生活感が出やすくなります。特にトイレやキッチンなどの水回りが汚れていると、内覧に来た人の購入意欲が下がる可能性があるでしょう。

不動産の売却活動中であれば、いつでも内覧に対応できるよう、細かい所も掃除しておくことをおすすめします。

汚れが酷い場合、業者へ依頼することも手段の一つです。部分的なハウスクリーニングであれば数千円〜数万円で依頼できるので、検討してみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニング費用の目安

場所 相場
水回り キッチン 1.5万円〜3万円
トイレ 1万円
浴室 1.5万円〜2.5万円
洗面所 5,000円〜1万円
床(洗浄、ワックス) 2万円〜
1万円〜
ベランダ 1.5万円〜
エアコン 1万円〜1.5万円

ただし、ハウスクリーニングの費用は依頼先、クリーニングする部分の広さ、依頼内容によって異なります。業者によってはセットで依頼できるケースもあるので、各社比較してみてくださいね。

2.2. 不用品の処分

家の中の物が多いと、全体的に狭く散らかって見えます。床に物がたくさんあると掃除も大変なので、不要な物は処分しておくことをおすすめします。

近年は、インターネットを利用して誰でも簡単に物を売ることが可能です。洋服、バッグ、本など物によっては高く売れる場合もあるので、部屋の中をスッキリさせるついでにお小遣い稼ぎをしてみる方法もおすすめです。

2.3. 生活臭への対策

臭いと聞くと、トイレや排水管の臭いをイメージする人が多いでしょう。しかし、寝室やリビングなどの生活臭も含まれます。

生活臭は自分では気がつきにくく、自分にとっては不快でなくても他人にとっては気になる場合もあります。

寝具、カーペット、カーテンなど、大きめの物を洗濯してみると臭いを抑えられる場合があるでしょう。

また、エアコンは使用頻度が高い割に長期間掃除しない家庭も珍しくありません。長期間掃除していない場合、臭いの原因にもなるため大掃除してみるのも選択肢の一つです。

ただし、慣れていないと故障の原因になる場合があるため、プロに任せることをおすすめします。

3. 成約率UPを目指す【内覧当日のコツ】

内覧当日は、不動産の印象だけでなく、清潔感や対応など売主の印象も大切です。成約率UPを目指すための内覧対応のコツを紹介します。

3.1. 清潔な服装・明るい表情を心がける

購入検討者によっては、家の中身だけでなく誰から買うのかを重視する人もいます。内覧の対応をする人の清潔感がないと、不動産の印象も悪くなる場合があるでしょう。

清潔感のある服装や髪型、笑顔で明るい表情を心がけるなど、第一印象を良くする努力をすることも大切です。

3.2. 買主目線で対応する

購入検討者が内覧を決めている時点で、不動産の基本的な条件はクリアしています。内覧を希望する人は、その不動産を購入しても問題ないか、不安を解消するために内覧するケースがほとんどでしょう。

今の住居よりも広い家に住みたい、子育てしやすい環境で暮らしたいなど、買主が理想としている条件がある場合、不安を解消できるように情報提供すると成約に繋がりやすくなります。

特に、立地や利便性を気にする人は多いです。実際に住んでいる人からの情報は購入検討者にとっての参考になるので、買主の生活スタイルに合わせて周辺環境をアピールしましょう。

また、コンセントの位置や各設備の使い勝手、生活動線など実際に住んでいて気に入っている点があればアピールしてみるのも手段の一つです。

3.3. ホームステージングを依頼する

ホームステージングとは、購入ターゲットに合わせてコーディネートした家具や小物を配置し、付加価値をつけるサービスです。購入検討者が実際の生活をイメージしやすくなる点が大きなメリットとなっています。

不動産会社の中には、サービスの一環としてホームステージングに対応している会社もあるので、興味がある人は確認してみてくださいね。

3.4. 部屋の明るさを重視する

部屋の明るさによって、印象は大きく変わります。内覧当日はすべての部屋のカーテンを開けて、部屋の中に日の光を取り込みましょう。

日当たりがあまり良くない不動産の場合、照明を利用して明るくすると日当たりの悪さをカバーできる場合があります。

部屋が暗いと、暗い印象を与えるだけでなく「湿気がたまりやすいのでは?」「洗濯物が乾きにくいのでは?」など、不動産にネガティブなイメージを抱かれる場合があるため注意が必要です。

4. 【不動産売却時】内覧対応の注意点

不動産売却時の内覧対応では、マイナスな印象を与えないことも大切なポイントです。ここでは、売主が内覧対応で注意するべき点を解説します。

4.1. 過度なアピールは控える

店舗で商品を見ている時、店員さんから強引に勧誘されて買う気がなくなってしまった経験がある人は多いのではないでしょうか。購入検討者が「買わされている」と感じると、購買意欲がなくなる可能性があります。

内覧対応中、売主がつきっきりで一方的に話すなど、積極的にアピールし過ぎると、成約に至らない場合があるため注意が必要です。

軽く説明をしたら自由に見てもらい、購入検討者に合わせてコミュニケーションを取りましょう。

4.2. ネガティブな情報を隠さない

中古住宅の購入検討者は、不動産に何らかの欠点があることを承知しているケースが少なくないでしょう。壁や床の傷、スーパーまで少し距離があるなど、ネガティブな面も隠さずにしっかりと伝えると、信頼してもらえる可能性が高くなります。

内覧時にネガティブな面を隠した場合、契約直前にキャンセルになる可能性や、購入後にトラブルが生じるリスクがあるため、ネガティブな面も伝えた上で商談を進めることがベターです。

5. 不動産を早く・高く売るためには不動産会社選びが重要

不動産を高く売るためには、短期間で売却することがポイントです。理由は、売却期間が長引くと買い手が見つかりにくくなり、相場よりも売り出し価格を下げる必要があるためです。

不動産を早く・高く売るためには、不動産会社選びが重要になります。売却活動を依頼する不動産会社を決める際、複数社を比較すると相性が良い不動産会社に出会える可能性が高くなるでしょう。

不動産会社への問い合わせは個人でもできますが、情報を伝えて日程調整するなど、個人で各社に問い合わせる作業はとても大変です。そこで、時間と手間を短縮したい人には、不動産一括査定の利用がおすすめです。

不動産一括査定を利用すると、査定価格だけでなく、各不動産会社の対応やプランも一度に比較できます。無料で利用できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

一括査定依頼を行う

6. まとめ

売主として内覧対応する場合、清潔感や整理整頓など買主の印象を良くするための努力をすることが大切です。また、内覧当日は不動産だけでなく、売主自信の身だしなみや対応にも気を使いましょう。

内覧を成功させるために、今回紹介したチェックポイントを1つずつ確認してみてくださいね。

  • 内覧予約時は、柔軟なスケジュール調整を心がける
  • 不動産売却時の内覧準備のポイントは、清掃・整理整頓
  • 必要があればハウスクリーニングを依頼する
  • 内覧当日は、不動産だけでなく売主の清潔感・対応も大切
  • 過度なアピールは控え、ネガティブな情報も隠さずに伝える
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済