査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産の査定前に必要な準備と注意点

7つの確認事項と査定に失敗しないための注意点

不動産の査定前に大掃除やハウスクリーニングをしておくと、なんとなく高く査定してもらえそう…と考える人もいるでしょう。

確かに、新築のように綺麗に改装されれば査定額が高くなる場合があります。しかし、査定前に費用をかけすぎてしまうと、想定していた価格で売れずに損をしてしまうこともあります。

不動産査定の準備には、大掃除やハウスクリーニングよりも大切なことがあるので、必要以上にお金をかける前に確認事項をチェックしてみてくださいね。

今回は、不動産査定前の7つの確認事項と失敗しないための注意点3選を紹介します。

今は読んでいる時間が無い!という方、この記事の要点はこちら
  • 不動産の査定前に各種書類の有無、リフォーム履歴などを把握しておく
  • 不動産査定は複数社への依頼が鉄則
  • 不動産査定の手続きには不動産一括査定の利用が便利
  • 大掃除・ハウスクリーニングは無理に実施しない
  • 不動産の査定依頼は簡単なステップでOK

1. 【不動産査定前の準備】7つの確認事項とは?

不動産査定前の準備として、確認しておくべきことをまとめました。

査定額に影響する可能性があることから、個別の事情によっては確認が必要なことまで幅広く紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

1.1. 必要書類の保管状況

不動産査定の際、必要書類が揃っていると、より正確な査定額を算出してもらえる可能性があります。以下の書類の保管状況を確認しておくと良いでしょう。

  • 境界確認書
  • 土地測量図
  • 建築確認済証(検査済証)

上記の他にも対象の不動産によって必要書類が異なるので、不動産会社へ事前に確認してみるのも手です。不動産査定時の書類については以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも併せてチェックしてみてください。

不動産査定にかかる費用と注意点

1.2. リフォーム履歴の確認

過去にリフォームを実施している場合、不動産の査定額が高く評価される場合があります。リフォーム時の資料があればベターですが、不動産査定までに資料を用意できない場合もあると思います。

不動産査定の当日、不動産会社の営業担当に内容だけでも伝えられるようにしておくと良いかもしれません。

1.3. 修繕が必要な箇所の把握

不動産会社の営業担当は不動産に関する専門家ですが、目視のみで全てを正確に判断することは困難です。設備の故障、シロアリ被害、雨漏りなど、修繕が必要な箇所を事前に伝えておくと、より正確に査定額を算出できる可能性があります。

直近でホームインスペクション(住宅診断)を実施している場合、その時の資料を提出してみるのも良いでしょう。

また、売主は買主に対して「契約不適合責任」という責任を負っています。これは、引き渡す不動産の実態と契約内容が異なる場合、買主から売主へ修繕や代金の減額を請求することが認められるといった内容です。

売却時に不動産の状態を正確に把握しておく必要があるので、一度、家の中を点検しておきましょう。

1.4. 住宅ローン残債の把握

住宅ローンの残債を把握する理由は、不動産会社が算出した査定結果で住宅ローンを完済できるか確かめるためです。

土地や建物を担保に住宅ローンを借り入れている場合、ローンを完済してから不動産を売却する必要があります。自己資金に余裕があれば問題ありませんが、住宅ローンの残債額によっては大きな金額になるかもしれません。借り入れ先の金融機関へ、残債を確認しておきましょう。

1.5. 希望の売却期限

すぐに現金が必要など、できるだけ早く売却したい人は、いつまでに売却する必要があるのかを明確にしておきましょう。

一般的に不動産の売却にかかる期間は約3〜6ヶ月ですが、売り出す時期や対象の不動産によってはさらに期間を要する場合があります。

希望の売却期間によっては、相場よりも低い売り出し価格を設定せざるを得ない可能性もあるため、事前に営業担当へ相談しておくと良いでしょう。

不動産の売却にかかる期間はどれくらい?

1.6. 確定測量を実施しているか

一戸建てや土地を査定する場合、隣地との確定測量が実施されているか確認される場合があります。確定測量とは、隣地所有者立ち会いの下で境界を確定し、正確な面積を測量することです。

確定測量が行われていないと売却活動に影響する場合があるため、実施しているかどうかを不動産査定までに確認しておくと良いでしょう。

また、対象の不動産によって測量が不要なケースもあるため、以下の記事も併せてチェックしてみてください。

不動産売却する際、土地の測量が必要なケース

1.7. 不動産査定への理解を深める

不動産査定の準備として、基本的な知識を深めておくことも大切です。

たとえば、以下の項目に全て答えられるか確認してみましょう。

  • 不動産査定が必要な理由とは?
  • 不動産査定の2つの方法とは?
  • 不動産の3つの評価方法とは?

【不動産査定が必要な理由】

不動産査定が必要な理由は、不動産を売却する際の適正価格を確認するためです。インターネットが普及している現代社会では、誰もが良質な情報を確認できる環境が整っています。そのため、個人が過去のデータを用いて査定することも不可能ではありません。

しかし、不動産の査定額には、周辺環境や建物の劣化状況といった個別の事情が大きく影響するため、それらを評価した上で査定額を算出する必要があります。

また、不動産取引では、売却活動をしながら購入希望者を探します。売り出し価格が相場とかけ離れていると、なかなか買主が見つからない…といった事態になりかねません。

このような理由から、不動産の専門家である不動産会社への査定依頼をして、適切な相場を見極める必要があります。

【不動産査定の2つの方法】

不動産査定の方法には、以下2つの方法があります。

  • 簡易査定(机上査定):周辺の事例や公的機関などのデータをもとに査定する方法
  • 訪問査定:現地を訪問し、周辺環境や建物の状態を調査した上で査定する方法

簡易査定はあくまでもおおよその査定なので、売却を検討している場合は訪問査定を検討すると良いでしょう。

【不動産の3つの評価方法】

不動産の査定額を算出する方法は、大きく分けて以下3つの方法があります。

  • 取引事例比較法:査定対象の不動産と類似した、過去の取引事例を用いて評価する方法
  • 原価法:査定対象の不動産を新しく建て直した場合にかかる費用をもとに評価する方法
  • 収益還元法:対象の不動産から将来得られる収益をもとに評価する方法

以下の記事では、上記の他にも不動産査定に関する基本的な情報をまとめているので、こちらも併せてご覧ください。

不動産査定書とは?無料版・有料版それぞれの特徴と違い

2. 【不動産査定の失敗を防ぐ】準備をする際の注意点

不動産査定で失敗しないために、準備をする際の注意点を紹介します。

2.1. 複数社への依頼は不動産査定の鉄則

不動産査定をする場合、複数社に依頼した上で結果を比較しましょう。複数社へ依頼するべき理由は、不動産査定の基準が不動産会社によって異なるためです。同じ不動産でも、査定額に数百万円の差が生じてしまうこともあります。

不動産査定の依頼先が1社のみの場合、査定額が高いのか、低いのか判断が難しいでしょう。相場を見極めるためには、3社以上など複数社へ依頼することが大切です。

不動産査定の依頼先を効率良く探したい人には、不動産一括査定の利用をおすすめします。不動産一括査定は無料で利用できるので、このように便利なサービスを使うのも手段の1つです。

一括査定依頼を行う

2.2. 大掃除やハウスクリーニングは不要

「大掃除やハウスクリーニングをした方が、査定額が高くなるのでは?」

このように考える人もいるかもしれません。大掃除やハウスクリーニング、リフォームによって価値が高まったと評価されれば、査定額にプラスになる場合があります。

しかし、費用をかけた分をそのまま売却価格に上乗せできる訳ではないため、想定価格で売却できなかった場合に損をしてしまうリスクがあります。

不動産査定の準備では時間や費用をかけすぎずに、一般的な片付けや掃除で問題ありません。

また、良心的な不動産会社であれば親身に相談に乗ってくれるので、汚れや老朽化が気になる場合は、不動産会社に相談した上で手配を進めると良いでしょう。

3. 不動産査定の依頼にはどんな手続きが必要?

不動産査定を依頼するために難しい手続きは不要です。不動産査定を申し込む方法には、不動産会社へ直接申し込む方法と、不動産一括査定を利用する方法があります。

ここでは、より簡易な不動産一括査定を利用する方法を紹介します。

  1. STEP1:不動産一括査定サイトを選ぶ
  2. STEP2:画面に沿って必要な情報を入力する(物件情報、所有者情報など)
  3. STEP3:査定を依頼したい不動産会社を選ぶ
  4. STEP4:不動産会社からの連絡を待つ
  5. STEP5:日時決定・現地訪問
  6. STEP6:査定結果が届く

不動産一括査定サイトの画面に沿って情報を入力すると、あなたに適した不動産会社をピックアップしてくれるので、依頼先を効率良く選ぶことができます。査定の申し込み後は不動産会社からの連絡を待つだけなので、忙しい人にもおすすめの方法です。

査定が終了したら各不動産会社の査定結果を比較して、売却活動の依頼先を決めます。その後、不動産会社と媒介契約を締結すると売却活動がスタートします。


不動産売却完了までの流れ
不動産売却時の媒介契約の種類と特徴(一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約)

4. まとめ

不動産査定の際、各種書類やリフォーム履歴などを確認しておくと、より正確な査定額を算出してもらえる場合があるでしょう。その他にも、住宅ローンの残債、希望の売却期限などを個人の事情に合わせて確認しておくことをおすすめします。

また、不動産査定は複数社に依頼することがとても大切です。不動産一括査定を利用すると不動産会社選びの負担を軽減できるので、ぜひ検討してみてください。

  • 不動産の査定前に各種書類の有無、リフォーム履歴などを把握しておく
  • 不動産査定は複数社への依頼が鉄則
  • 不動産査定の手続きには不動産一括査定の利用が便利
  • 大掃除・ハウスクリーニングは無理に実施しない
  • 不動産の査定依頼は簡単なステップでOK
売却

売却特集記事

査定

査定特集記事

投資

投資特集記事

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答える

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済