査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済

不動産売却Q&A

売却に関するよくある疑問、率直な質問に不動産流通の一線で働く取引のプロが答えます

売り出し価格はどのようにして決める?

利益を分け合う気持ちで価格を決める

最終的に売り出し価格を決定するのは、お客様ご自身です。

わたくしども不動産会社は、査定価格とその根拠を示し、意見を述べさせていただきます。

ここでの査定価格は、おおむね3か月あれば、売却できるだろうと目論める価格です。単なる目安というよりも、売却にある程度責任が持てる価格を提示します。

この査定価格を参考にして、お客様に実際の売り出し価格を決めてもらいます。

誰しもが少しでも高く売りたいものです。ともすると、お客様は高め高めの価格設定になりがちです。でもそれはただ人は欲張りだというのとわけが違います。その家への愛着のあらわれであったりします。実際に住んでいるものが、その家の良さをいちばんよく知るといいます。そうした想いは、相場だけで割り切ろうとするわたしたちの意見と相容れないところも出てきます。それが、もう少し高くならないか、というお客様の声になるのでしょう。

しかし、明らかに相場を超えた価格で取引が成就することは、特殊な事情が働かなければ、まずありません。もちろん相場は、ある程度の幅をもった実際の取引価格によって形成されるものですから、もともといくらかは判断の余地を残しているものです。ただ、むやみな高望みは、機会を失う原因です。

取引は利益を分け合う行為、とよくいわれます。利益を独り占めする取引は、もともと成り立たないものです。売り出し価格の決定にあたっては、相手にも利益を与えようとする気持ちをもっていただければと思います。

相場とは、もともと利益を分け合う取引の結果がつくりだしているものです。相場に準拠することは、値付けの基本です。

特別に、お客様に売り急ぐ事情がある場合には、相場を下回る価格で売り出さなければなりません。この場合は、こう考えてください。

早く売ることが、お客様には通常より大きな利益(便益)になるのですから、相手方にも、価格の利益を通常より大きく与えなければならない、と。

不動産査定でよくある質問一覧

情報提供:朝日住宅株式会社

不動産売却ガイド

売却相談から物権の引き渡しまで売却までの進め方をご説明します

自宅売却必勝法

ご自宅を1円でも高く売りたい人必見!

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価の方法には、以下の3つがあります

  1. 原価法
  2. 取引事例比較法
  3. 収益還元法
お客様の声

査定依頼ご利用者様の生の声をインタビュー形式でご紹介

収益物件の査定依頼

投資物件の売却、資産の組み替え、不動産の買い替え等、所有物件の資産価値を知り、適正価格を見極める

買い替えをご検討中の方

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

ご参画頂ける企業様募集

RE-Guide(リガイド)では、不動産売却一括査定サービスにご参画頂ける不動産会社様を募集しております。

査定

あなたの不動産を無料で査定

1分のカンタン入力実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。
  • 1物件の地域入力済
  • 2市区町村は?入力済
  • 3町名は?入力済
  • 4物件種別は?入力済